高校からマンガの専門学校に通おう【クリエイティブな発想で人気者】

女の子

シナリオ構成法

メガネを掛けた女の子

日本には、世界に誇れる文化がたくさんあります。特に、海外の方からウケているのがオタク文化です。オタクとはゲームやアニメなどの専門的なもので、昔までは受け入れられない文化でした。海外だけでなく、日本でも受け入れられていなかったので、当時のオタクの方は肩身の狭い思いをしたでしょう。しかし、最近ではそのようなことはなく、むしろオタク文化を成長させるために、専門学校が誕生したほどです。専門学校は基本的には、高校を卒業してからの入学となりますが、場所によっては高校から通うことができるので、中学生の内から進路を決めておくとよいでしょう。この学校では、マンガやアニメなどを学ぶことができるので、自分の求める分野に進むことが出来ます。

マンガを自分で書いてみるとわかりますが、簡単にマンガを作ることは出来ません。なぜなら、マンガは絵が上手いだけでは通用せず、シナリオ構成もとても大切となってくるからです。シナリオを考えるのはとてもむずかしく、一般的なシナリオを考えても現代では通用しません。そのため、専門的な知識を学ぶために、高校生の時から専門学校に通う方が増えてきたのです。専門学校では、絵の書き方はもちろんのこと、シナリオの構成方法もキチンと教えてくれるので、オリジナリティーあふれる漫画を作成することが出来ます。また、最近ではCGを使ったキャラクリエイトも教えているので、3Dのキャラクターを作成することが可能となっています。現代では、二次元から三次元に移行してきているので、高校生の内からCGを学ぶことはとても大切だと言えます。