高校からマンガの専門学校に通おう【クリエイティブな発想で人気者】

女の子

ディレクション能力

赤髪の女の子

マンガやアニメを専門学校で学ぶときには、コースの選択はキチンと定めてから入学しましょう。なぜなら、コースは何種類もあるからです。例えば、ゲーム制作のコースでは、ゲームを作る上で必要となるプログラミング技術や3D技術を学ぶことが出来ます。また、ディレクション能力も勉強させてくれるので、将来は先頭に立ってゲーム制作の指揮を取ることが出来ます。他には、声優コースというものもあります。声優はアニメやゲームのキャラクターに命を吹き込む大切な仕事で、ハリのある声や滑舌の勉強を主に行います。また、アニメ業界でもゲーム業界でも活躍することができるので、幅広い仕事をすることが出来ます。このように、色々なコースがあるので、将来のビジョンをある程度決めておくことが大切となるのです。

マンガを学ぶ時に非常に大切になるデッサン力ですが、その他にも必要となるものがあります。それは、色彩感覚です。マンガは基本的には白黒で描かれますが、キャラクターのイメージに繋がる色はとても重要です。そのため、色彩センスを高めるようにしましょう。色彩センスを高めれば、個性あるキャラクターと作り出すことができるので、色彩検定などの資格も取ってみると良いでしょう。他にもマンガに必要な資格はいろいろあって、CGに必要なものや、漢字を学ぶことも大切となります。そのため、色や漢字は中学生の時から勉強しておくと良いです。そうすれば、高校に上がると同時に資格を取ることが出来ます。また、高校と同じように専門学校では多くの友達を作ることができるので、就職の相談もすることが出来ます。特に、専門学校は高校とは違い、ある程度進む進路が決まっているので、普通の高校よりも仕事先で一緒になる確率が高いです。